クレジットカードの手数料はお店が負担している?

クレジットカードを使う時に手数料がかかる場合があります。
最近はスーパーなどで買い物をすると、店舗独自のポイントがもらえることもよくあります。
ポイントがたくさん貯まると景品と交換されたり、割引サービスに使えるようにもなっていて、顧客の取り込みに効果を上げています。
現金決済をした時にのみ、ポイントがつくという仕組みを導入している店もあります。
販売店側は、クレジットカードより現金で払ってもらえた方が、手数料がかからずに利益率が高くなるので、歓迎するところです。
現金で払った方が客側にとっても有利になるようにすることで、現金払いの客を増やそうという戦略は、家電量販店でよく目にします。
現金よりクレジットカードを使う時の方がポイントが少なくなるように設定しています。
店舗側は、手数料のかかるクレジットカードより手数料のない現金での支払いの方が望ましいと考えています。
手数料を敬遠してクレジットカード決済を避けていると、客はカード払いができる店舗に流れてしまいます。
支払金額自体を見た場合、クレジットカードと現金ではどちらも同額となります。
店側は手数料が掛かる分、クレジット払いはできるだけ減らしたいのです。
ポイントや割引サービスなどを確認して、現金払いとクレジットカード払いのどちらが有利な買い物ができるのか、一度調べてみるといいかもしれません。