キャッシング審査と不要なクレジットカードの関係

キャッシングは融資を上手に使用することで必要な時にいつでも受けられる、大変利便性の高い金融サービスです。
キャッシングの申し込みの審査基準は年々厳しいものになっているといわれています。
各社ごとに審査の基準が独自に決められており、社内の審査機関によって顧客の信用力を見極めることになります。
キャッシング会社は、顧客のキャッシング利用履歴や返済トラブルの有無などを確認します。
クレジットカードは何枚保有しているかという点も、キャッシング審査の対象です。
引き出しに死蔵しているようなクレジットカードでも、持っていることでキャッシング審査に影響が出ることがあります。
クレジットカードの機能としてキャッシングやカードローン機能など融資利用がある場合、融資利用金額も審査を行なう上で重要視される項目です。
この先、住宅ローン融資を組むつもりがあるという人は、未使用カードを洗い出してみることも必要かもしれません。
融資の限度額は、一年間の収入の3分の1を超えてはいけないことが2010年6月に法改正によって定められ、借りづらくなってします。
法改正の影響を受けて、新たなキャッシングのための審査を通りづらくなりました。